【天パ男子】絶対に引っかからないヘアブラシ『タングルティーザー』を本音レビュー

  • タングルティーザーってそもそもなに?
  • 実際に使ってみてどう?
  • 天パでもちゃんとブラッシングできる?

こんな疑問を解決します。

引っかからない魔法のヘアブラシとして有名な『タングルティーザー』を使用してから3ヶ月が経ちました。

そこで今回はタングルティーザーの特徴や使用感について詳しくお話します。

購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

タングルティーザーってそもそも何?

出典:タングルティーザー公式サイト

タングルティーザー(TANGLE TEEZER)はイギリス発祥のヘアブラシであり、当初はセレブ愛用品として人気が爆発しました。

その後世界中から注目を集め、現在では日本でも多くのバリエーションが販売されています。

価格も1000円〜2000円台と手に出しやすい価格で、ヘアケアの入口としても非常におすすめです。

タングルティーザーの4つの特徴

特徴1:他のブラシでは体験できないほどの驚くべきクシ通り

謳い文句である『絡まない魔法のヘアブラシ』の通り、一番の特徴は「全然絡まない」ということです。

長いブラシと短いブラシを交互に配列した長短2段構造により、キューティクルを整えながら引っかからずに絡まりを解きほぐしてくれます。

天パ猫

長短2段構造は特許を取得しているため、この圧倒的なクシ通りは他のブラシでは体験できません!

特徴2:握りやすい構造で最適な力でブラッシングできる

出典:タングルティーザー公式サイト

柄がなく握り込むような形になっていることで力が入りすぎることなく、適切な力でブラッシングできます。

特に『サロンエリート』という種類では頭にフィットするようにブラシが曲線しています。

そのためブラッシングと同時に程よく頭皮を刺激し、頭皮ケアを行えます。

特徴3:濡れ髪にも使用できる

ヘアブラシは一般的に濡れ髪への使用NGとされています。

しかしタングルティーザーは、濡れ髪に対して負荷が最小限になるような設計となっているため、髪を濡らした状態でも安心して使用できます。

『ザ・ウェットディタングラー』という濡れ髪に特化した種類も販売しています。

特徴4:様々なシーンに対応した豊富なラインナップ

  • 濡れ髪用:ザ・ウェットディタングラー
  • 持ち運び用:コンパクトスタイラー
  • まとめ髪用:ザ・アルティメット
  • 頭皮ケア:ザ・スカルプケア

他にも数多くのラインナップがあります。

タングルティーザーには使用用途・目的に合わせた多くのラインナップがあります。

天パ猫

今回は使用感レビューですので、種類の詳しい説明は省きます

公式サイトでタングルティーザーの種類一覧がまとめられていますので、気になった方はチェックしてみてください。

実際に購入して使用したタングルティーザー

私は『サロンエリート』の黒を購入しました。

カラーバリエーションが沢山ありましたが、「男でも無難に使いやすいものを…」と思い黒色を選びました。

タングルティーザーの使用感

天パ猫

感動するほどの使い心地でした!!

私は“天パ+猫っ毛”なのでこれまではブラシが通らず、無理やり梳かすと「ブチブチっ」と切れ毛になっていました。

しかしいざタングルティーザーを使ってみると、驚くほど普通にクシが通りました。

天パ猫

当たり前にクシが通るって、天パからすると本当に嬉しいですよね!

これまでシャンプーやトリートメントを色々試してきましたが、正直丁寧にブラッシングする方がよっぽど髪質改善に効果がありました。

良くなかった点は?

ブラシの性能に一切の不満はなく、大満足の使用感でした。

しかし、一つ上げるとすれば種類が多すぎることです。

用途別・目的別な様々なラインナップが販売されているため、ついつい他のも買いたくなってしまいます。

天パ猫

結局、最初に買った『サロンエリート』の他に『ザ・ウェットディタングラー』と『コンパクトスタイラー』も追加で買っちゃいました..。

お手頃だと思っていたけど、なんだかんだ高くついちゃいました。もちろん満足しているので良いのですが…笑。

まとめ:タングルティーザーは天パにもってこいのヘアブラシ

出典:タングルティーザー公式サイト

髪への負担をかけずにブラッシングができる、まさに天パにもってこいのヘアブラシでした。

価格的にも髪質改善の入口として素晴らしい商品だと思います。

気になった方はチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる